目標は、経常利益1億円超企業

 全従業員の物心両面の幸福を目指して働く 株式会社イズムの社長ブログ

ロゴとHPのリニューアル

Posted on | 11月 2, 2015 | No Comments

 

「ロゴとHPリニューアル」

 

ism logo

 

ロゴとHPリニューアル

 本日、5年ぶりにロゴの一新とホームページをリニューアルしました。
 社内の女性デザイナに担当してもらいましたが、とても氣に行っています。
 ロゴを変えるときは、会社のイメージを変えたいとき。

 企業理念は、今まで「社是」を使っていましたが、「ビジョン」に変更。
 自分で決めたことですが、「社是」は」正直ピンと来ていなかったので、変更してスッキリ。
 「ビジョン」は、未来そして上る山。
 未来に向かって、新たなスタートが切れた。

 

なぜ、システム開発費は高いのか?

Posted on | 10月 28, 2013 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「なぜ、システム開発費は高いのか?」

 

 

なぜ、システム開発費は高いのか?
 先日、盛和塾東京のゴルフコンペに参加した。当時は、台風が接近していることも有り、ひどい雨でハーフで中止となってしまった。

 

 その後、ハーフで中止となってしまったために表彰はなくなってしまったが、コンペパーティは開かれた。その席で、一緒まわった方にこんなことを聞かれた。

 

    • 「うちの生産管理のシステム、1千万円かかったんだけど、高いかな?」

 

 質問された方は、製品を作り出す機械を製造・販売している社長だ。

 

 現在、生産管理システムを導入中らしい。私は、「規模がわからないので、なんとも言えないけど、一般的には安いのではないですか。私の記憶では、もっとかかるはずです。」と答えた。

 

 それを聞いて、少し安心したようだった。

 

 次の質問は、
  • 「なんでソフトウェア開発費って、あんなに高いの?」

 

 自分では、決して高いと感じていなかったので、すこし焦った。とにかく、高く感じているようだ。一緒に回ったアパレル関連の社長も同じことを言っている。原価がほとんど人件費であることも、高いと感じているようだ。

 

 システム開発は、

 

  • 「要件定義」
  • 「設計」
  • 「製造」
  • 「試験」
  • 「稼動」
  • 「運用」

 

 と目には見えないが、各フェーズで膨大な時間がかかっていることを説明した。
 でも、伝わったかどうかはよくわからない。しかし、高いと思われているのは、問題。
 やはり、安いと感じてもらえるような価格にしていかなければならない。

 経営の12カ条

  • 第6条 値決めは経営 「値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である」
 を再認識した。

 

 

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

ブログタイトルの変更

Posted on | 2月 25, 2013 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「ブログタイトルの変更」

 

 

ブログタイトルの変更
 ブログを書き始めたのは、2004年の12月だった。

 

 「これからはブログ」と思い、楽天ブログで始めた。

 

 タイトルは、「夢はでっかく100億円企業」だったと思う。

 

 売上を上げることばかりを考えていた。自分のことしか目に入らなかったと思う。

 

 だから、付き合う友達もそんなやつばかりだった。

 

 今のブログは、
  • 「目標は、経常利益率10%超企業」

 

 利益を上げ、内部留保を増やし、2度とリストラをしなくてもよいように財務体質のよい会社にする。

 

 2期連続で達成したので、ブログのタイトルを変えて、次の目標にしたい。

 

  • 「目標は、経常利益1億円超企業」

 

 数年で達成したいと思う。

 

 

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

驕る平家は久しからず

Posted on | 2月 18, 2013 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「驕る平家は久しからず」

 

 

【驕る平家は久しからず】

 

 この有名な諺を知らない方はいないだろう。

 

 源氏と平家の話は、誰もが一度は聞いたことがあると思う。

 

 最後は、平家が源氏に負けたわけだが、平家が天下を取っていたときには、

 

  • 「平家にあらずんば人にあらず」

 

といわれた。

 

 平家でなければ、人間ではないというのだから、すさまじい。

 

 そんな平家も、
  • 「驕り」
によって滅びることになる。

 

 盛和塾に入塾し、やっと謙虚さの大切さがわかるようになってきたと思う。

 

 若いころ付き合っていた経営者仲間は、ほとんど会社を倒産させた。

 

 彼らに足りなかったものは、謙虚さと利他の心だと思う。そう言う自分も足りていたなかった。

 

 「驕り」

 

謙虚さを忘れた経営者は、因果応報、必ずやその報いを受ける。

 

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

経常利益4000万円以上は3%しかない

Posted on | 2月 13, 2013 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「経常利益4000万円以上は3%しかない」

 

 

【経常利益4000万円以上は3%しかない】

 

 本日、配達されたマーケティングの月刊誌に、タイトルに書いたことが書いてあった。
  •   「日本の事業で経常利益4000万円以上の会社は3%位しかない」
 当社も、経常利益率は10%以上をキープしているが、金額で4000万円は超えていない。

 

 残りの97%の会社は、それ以下ということだから儲かっていないし、納税金額も少ない。

 

 どんな業種であろうと、人間相手にビジネスはやるもの。

 

 だから、その人間、つまり顧客との関係を良好に保たなければ、利益も成長もない。

 

 次の目標を、
  • 「経常利益1億円超」
としたい。

 

 経常利益率10%で1億円を達成するには、10億円の売上が必要。月額834万円、日額41万7千円、時間額5万2125円。

 

 今のビジネスを愚直にやる。

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

ある先輩塾生の決意

Posted on | 2月 4, 2013 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「ある先輩塾生の決意」

 

 

【ある先輩塾生の決意】
 年に2回ほど、江戸川区の小岩で、「盛和塾小岩」なる飲み会が行われてる。

 

 毎回行われるのは韓国料理の店で、おいしい料理とお酒をいただきながら、塾生同士で経営の話をする。

 

 今年も土曜日の夜に行われた。

 

 帰りの電車の中、年は下であるが、ある先輩塾生と話をしていた。その人は、Kさんという。

 

 Kさんは、入塾して3年だという。なかなかストイックな方である。

 

 盛和塾のボランティア活動も取り組まれていて、塾生が自ら行う「自主例会」の世話人であるが、このほどそれを辞めるという。
理由は、
  • 「5年以内に会社を上場させるから、それに専念したい」
という。

 

 Kさんが経営する会社のビジネスモデルは、不動産賃貸と販売の仲介であるが質問をしてみた。

 

「今のビジネスモデル以外になにか新たなものがあるのですか?」

 

「いや、ない。これから考える」「でも、絶対上場できる」

 

自信たっぷりだった。

 

 Kさんが、上場できるかどうかは正直わからない。

 

しかし、自分に今そのような大きな目標があるだろうか?

 

確かに盛和塾に入塾して、腑に落ちた経営理念ができたし、従業員のこともとても考えるようになった。

 

利益率も大幅に向上した。利他の心も学んだ。
このままでいいのだろうか?今の自分でいいのだろうか?

 

よいわけがない。

 

Kさんと話ができてよかった。本当によかった。

 

また、明日から新たに頑張っていけそうな氣がする。

 

利益率は達成できるようになった。次の段階へ行かなければ。

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

Posted on | 12月 31, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」

 

経営の原点12カ条の12番目は、「常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」である。

 

 

【常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する】
 経営者というものは、どんな逆境でも明るくなければならない。

 

 苦しければ苦しいほど、夢と希望を失ってはならない。

 

 また、純粋なまでに

  • 「素直」

な心が必要。

 

 やはり、素直でなければならない。

 

 すさまじいまでの闘魂、闘争心が必要な経営の現場では、ともすれば悲壮感が漂うこともあるかもしれない。

 

 だからこそ、明るい心がけが大切だと説かれている。

 

 絶対、自分の人生を明るく見る、ポジティブに見る。たとえ、逆境の中でもそれを信じる。

 

  • 明るく行こう

 

 

 
人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

【俺のフレンチ】のすごさ

Posted on | 11月 4, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「【俺のフレンチ】のすごさ」

 

月に1度ある、盛和塾東京の自主例会、「経営の原点12カ条」があった。12月はなにかと忙しため今年はこれで終わりである。

 

 

【俺のフレンチ】のすごさ
 経営の原点12カ条の勉強会は、毎月欠かさず出席している盛和塾東京の自主例会の1つなのだが、その自主例会の2次会が「俺のフレンチ」で開かれた。

 

 「俺のフレンチ」は、ブックオフの創業者である坂本氏が創業した立ち食いのフレンチレストランで、格安で食べれるとマスコミにも取り上げられる話題のレストランである。他に「俺にイタリアン」などもあるらしい。

 

 テレビ東京の「カンブリア宮殿」でも取り上げられたことがあるので、知っている方も多いと思う。

 

 とにかく安い。衝撃的だ。

 

 驚くほど安い。そして、おいしい。

 

 「フォアグラステーキ」が1,280円で食べれる。一般的なフレンチレストランなら、10,000円以上はするのではないだろうか。

 

 そのお店は、銀座8丁目にあり、夕方のオープンから長蛇の列が出来ている。立ち食いなので、顧客の回転が速いため、並ぶのが嫌いな方も、以外に入れるようだ。

 

 通常、15,000円くらいするフレンチが4000円程度で食べれるとあって、毎日長蛇の列のようだ。

 

 我々は、2階の予約席に総勢29名で入った。2階は、1人当たりのテーブル面積が狭いが椅子なのでゆっくり出来る。

 

 創業者の坂本氏は、盛和塾の先輩塾生である事はすでに書いたが、わけあってブックオフの経営からは退いている。

 

 すでに70歳を超えているが、新たなビジネスモデルを考えだされ、再度上場を狙っているという。

 

 すごい。

 

 塾長も坂本氏のことを、天才と呼んで絶賛していた。

 

 小さくおさまっていてはだめだ。

 

 まずは、売上10億円。経常利益10%の会社に成長させねば。

 

 次は、「12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

11.思いやりの心で誠実に

Posted on | 10月 22, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「思いやりの心で誠実に」

 

経営の原点12カ条の11番目は、「思いやりの心で誠実に」である。

 

 

【思いやりの心で誠実に】
 経営という修羅場で、格闘技にも負けない闘魂を燃やすように10番目まで書かれているが、まとめてみれば経営というのは、思いやりの心、誠実さが大切と説かれている。

 

 取引先、お客様、従業員、地域社会みんなが良くなるように、自分だけがよければいいという利己心での経営ではだめだということ。

 

 近江商人の

  • 「三方よし」

の思想や、江戸時代に「あきない」の基本を説き、京都商道の開祖ともいわれている、石田梅安の

  • 「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」
の言葉のように相手先が良くならなければ、商売の発展は望めない。

 

 塾長が話される
  • 「利他の心」
も先の言葉と同じなのだと思う。

 

 次は、「12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

10.常に創造的な仕事を行う

Posted on | 10月 15, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「常に創造的は仕事を行う」

 

経営の原点12カ条の10番目は、「常に創造的は仕事を行う」である。

 

 

【常に創造的は仕事を行う】
 副題が少し長い。「今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる」

 

 これは、簡単なようで実は大変難しいと思う。

 

 営業でも、経理でも、開発でも常に創造的な仕事を行う。昨日と同じことをしていてはいけないのだ。

 

 今日と明日の変化はわずかであっても、365日行っていると想像のつかない大変化が起こる。

 

 少しは実行しているが、毎日となると出来てはいない。

 

 ただ、システム開発やインターネットでのビジネスは、創意工夫をしやすい。

 

 改良改善を加えていくには、適した環境があるので、それを生かし実践して行きたい。

 

 次は、「11.思いやりの心で誠実に。」

 
 
人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

keep looking »
  • HIrotaka Ohkuchi

  • ISM Co.,Ltd.

  • facebook

    go facebook
  • Follow Me

  • おすすめ本

    稲盛哲学のバイブル。

    経営と会計の基本を教えてくれる本。

    利他の心を学ぶ一冊。

    成功者がバイブルとする、超有名本。

    知人である金森さんの壮絶な人生。

    何度読んでも面白い、そして自分と重なる物語。起業するときには絶対読んでおきたい一冊。

    ビジネスモデルを構築する上で、必ず読んでおきたい本。利益とは何かを知ることができる。

    夢をかなえるために手帳を使う。「夢手帳」作成方法。

    何かに悩んだりしたとき、何度も何度も読み返した本。20年の付き合い。

    酸素を取り込んで体と心を整える、すごい一冊。

    成功を望む全ての人のバイブル。この本との出会いが、成功への強い願望を生む。

    自分が如何に恵まれているか、とても考えさせられる本。