目標は、経常利益1億円超企業

 全従業員の物心両面の幸福を目指して働く 株式会社イズムの社長ブログ

2. 具体的な目標を立てる

Posted on | 7月 13, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「具体的な目標を立てる 建てた目標は常に社員と共有する」

 

経営の原点12カ条の2番目は、「具体的な目標を立てる 建てた目標は常に社員と共有する」である。

 

 

【具体的な目標を立てる 建てた目標は常に社員と共有する】
 機関誌「盛和塾」103号の中で塾長は、

 

  • 長期の計画は立てる必要はない

 

と話なしたと書かれている。他の経営の原点12カ条の講話などでもそう話されている。103号の抜粋が以下である。

 

 「なぜなら、長期計画を立案してみても、なかなか達成できるものではないからです。必ず、予測を超えた市場の変動や不測の事態が発生し、計画自体が意味をなさないものとなって、いずれ下方修正が必要になってしまったり、ついには計画を放棄せざるを得ないような事態が往々にして起こるからであります。」

 

 「そのため、私は京セラを創業してからずっと、1年間だけの経営計画を立ててまいりました。3年先5年先となりますと、誰にも正確に予想できませんが、1年くらいなら、そうは狂わず読み切ることが出来るからであります。そして、その1年間の経営計画を、何が何でも達成するように努めてまいりました。」

 

 これを読んだときとても安堵した。なぜなら、今まで幾度となく計画を立てるが達成できなくて、自分を情けなく思ったことがあったからである。

 

  • 経常利益1億円。経常利益率10%。

 

を目指し、来期の計画を立てよう。

 

 来期に経常利益1億円は現状から考えて無理だが、数年後に達成できるよう、経営計画を立て社員と共有して、達成する。

 

  • 「経営計画書」として、社員に配布して説明する
  • 年計画はもとより、月次計画を明記する
  • 従業員一人ひとりが自分の役割を明確に理解する

 

 フィロソフィーを学ぶことを並行して行うことを忘れてはならない。

 

 次は、「3.強烈な願望を心に描く」を考えてみる。

 

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

Comments

Leave a Reply





  • HIrotaka Ohkuchi

  • ISM Co.,Ltd.

  • facebook

    go facebook
  • Follow Me

  • おすすめ本

    稲盛哲学のバイブル。

    経営と会計の基本を教えてくれる本。

    利他の心を学ぶ一冊。

    成功者がバイブルとする、超有名本。

    知人である金森さんの壮絶な人生。

    何度読んでも面白い、そして自分と重なる物語。起業するときには絶対読んでおきたい一冊。

    ビジネスモデルを構築する上で、必ず読んでおきたい本。利益とは何かを知ることができる。

    夢をかなえるために手帳を使う。「夢手帳」作成方法。

    何かに悩んだりしたとき、何度も何度も読み返した本。20年の付き合い。

    酸素を取り込んで体と心を整える、すごい一冊。

    成功を望む全ての人のバイブル。この本との出会いが、成功への強い願望を生む。

    自分が如何に恵まれているか、とても考えさせられる本。