目標は、経常利益1億円超企業

 全従業員の物心両面の幸福を目指して働く 株式会社イズムの社長ブログ

11.思いやりの心で誠実に

Posted on | 10月 22, 2012 | No Comments

人気ブログランキングへ
社長ブログランキングに参加しています。

「思いやりの心で誠実に」

 

経営の原点12カ条の11番目は、「思いやりの心で誠実に」である。

 

 

【思いやりの心で誠実に】
 経営という修羅場で、格闘技にも負けない闘魂を燃やすように10番目まで書かれているが、まとめてみれば経営というのは、思いやりの心、誠実さが大切と説かれている。

 

 取引先、お客様、従業員、地域社会みんなが良くなるように、自分だけがよければいいという利己心での経営ではだめだということ。

 

 近江商人の

  • 「三方よし」

の思想や、江戸時代に「あきない」の基本を説き、京都商道の開祖ともいわれている、石田梅安の

  • 「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」
の言葉のように相手先が良くならなければ、商売の発展は望めない。

 

 塾長が話される
  • 「利他の心」
も先の言葉と同じなのだと思う。

 

 次は、「12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」

人気ブログランキングへ

社長ブログランキングに参加しています。

Comments

Leave a Reply





  • HIrotaka Ohkuchi

  • ISM Co.,Ltd.

  • facebook

    go facebook
  • Follow Me

  • おすすめ本

    稲盛哲学のバイブル。

    経営と会計の基本を教えてくれる本。

    利他の心を学ぶ一冊。

    成功者がバイブルとする、超有名本。

    知人である金森さんの壮絶な人生。

    何度読んでも面白い、そして自分と重なる物語。起業するときには絶対読んでおきたい一冊。

    ビジネスモデルを構築する上で、必ず読んでおきたい本。利益とは何かを知ることができる。

    夢をかなえるために手帳を使う。「夢手帳」作成方法。

    何かに悩んだりしたとき、何度も何度も読み返した本。20年の付き合い。

    酸素を取り込んで体と心を整える、すごい一冊。

    成功を望む全ての人のバイブル。この本との出会いが、成功への強い願望を生む。

    自分が如何に恵まれているか、とても考えさせられる本。